相場の把握

完全に不動産にハマってしまい、一日中ネットサーフィンしてます(笑)

不動産物件の売却をする場合、

少なくとも平均値は把握しておくのが望ましいようです。

それは適正価格で売買できるかどうかにも、大きく関わってくるからです。

例えば、、、3,000万円台という価格で、

ある物件が売りに出されている場合、、、

果たして3,000万という数字が適正であるかどうか。

市場の相場がわかっていれば、適正価格も判断できます。

問題は、、、

どうやって相場感を把握するか、

ということです。

方法としては、

ネットで調べまくる、

ってのが一番最初に頭に浮かびました。

でも、、冷静に考えると、、多くの物件情報を見ないといけないので、

自分一人でやろうとすると、気が遠くなるほど大変な作業です。。

しかも、それらの物件の価格も適正化どうかわかりません。

そこで思い出しました、先日の不動産屋のおっちゃんの話。

媒介契約を結ぶときは複数業者と、、という話でしたが、

これって、相場を把握するのにも使えるかも、

って、ひらめきました。

複数の仲介業者に、査定を依頼する―。

しかも彼らは不動産売買のプロフェッショナル。

市場の相場は、素人よりはるかに良くわかっているはず。

これだ。。

といいながらも、信頼できる複数の業者を調べるのも大変。

効率的な方法、、、、

またネットサーフィンして探すことにします(笑)